謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

年始の営業は、1月6日からになっております。

 

今年は、戌年ですよねww

ノアも元気いっぱいです♪

 


今年一年お世話になり有難う御座いました。

今年ももう少しで終わりますが、

お客様やお得意先、業者の方、スタッフのみなさん、いろんな方に今年も一年間お世話になりました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

ありがとう御座いました♪

 

2018年もどうぞ宜しくお願い致します。wan

 

良いお年をお迎えください。


本蔵の修理

いつもお世話になっています山中油店様

なんと創業1818年

すごいですね

http://www.yoil.co.jp/

 

今回、

台風災害などで傷んだ所を修理させていただきました。

Before

 

左官のお仕事でも蔵の修理を安心して任せられる職人さんも少ないんです。

ほんと細かい細工がしてある蔵なので職人の技の見せ所でしょうか。

 

 

そして完成です。

木部も山中油さんで販売されてます建築用の柿渋・ベンガラでお化粧なおし

ほんといいです!

本物は、何とも言えない深みがありますね。

漆喰もいいです。

 

after

 

お正月までに間に合ってよかったです。

 

有難う御座いました。

 

この雪の降る中、鯉は冷たくないんでしょうか?www

 

みなさんも、風邪など体調に十分気を付けてください。

 

 

 


Merry Christmas♪

打ち合わせで四条に行ってました。

 

河原町に行くとどのお店もクリスマスの飾りつけです

 

昔はほんとにサンタさんが来ると思ってましたしwww(笑)

 

何か去年も同じ様な事言ってたよなww

 

以前リフォームしたお客様からメールで

クリスマスカードの様に送っていただきました♪

ほんと嬉しいですよね^^

 

ありがとうございます!

 

みなさん Merry Christmas☆


この季節上賀茂と言えば...

今日は、京都市内も初雪が降りました。

 

この季節、上賀茂と言えば、すぐき漬けです。

 

天秤押し

重石のかけ方は「すぐき漬け」独特の「天秤押し」というやり方で、長さ4〜5mほどの丸太棒の一方を固定させ、もう一方の先に重さ10Kgほどの重石を3つほど下げて樽のフタを押さえる方法です。いわゆる「テコの原理」を利用したもので、フタには重石の10倍程度の圧力(約300Kg)がかかります。

 

室で熟成

重石をかけて日数が経つと水が出て「すぐき」のかさが減ります。その都度水を捨て「追い漬け」を行い、塩漬が完了した後「室」の中へ入れます。「室」とは、木炭や電気を熱源とした加熱室で、人工的に醗酵を促す為の部屋です。(昔はこの「室」がなかったので、漬け上がるのに5月ごろまでかかりました。)「室」は、40度程度に暖められており、1週間ほどこの中に入れておくと、独特の酸味を持った京都名産「すぐき漬け」ができあがります。

 

この室で一軒一軒味が決まるそうです大切な作業です。

 

乳酸菌が身体に良いんです

ここのお家のすぐきは、ほんとうに美味しいです。

看板などは、上がってません^^