レイモン・サヴィニャック♪

皆さんこのおじさんの事ご存知ですか?

そうです

フランスの商業デザイナー

サヴィニャックさんです。

 

知らない方でもこんな絵をみたら

あー見たことある〜って感じでしょうかww

 


彼の作品をどこかで目にしたことがある人は多いはず。
サヴィニャックはパリで生まれ育ち、長い下積み時代を経て41歳で「牛乳石鹸・モンサヴォン」のポスターを描き一躍脚光を浴びました。以来2002年に没するまで、生涯現役のポスタリストとして世界中の大手企業のポスターを手掛け、日本でも森永チョコレートやサントリー、としまえん等のポスターを制作しています。

こちらは、超有名ですよね^^



彼の作品が世界中で愛される理由は商業ポスターの枠にとどまらず、見た人が思わずクスッと笑って、楽しい気持ちになるような魅力にあふれているから。茶目っ気たっぷりのアイデアは力強いメッセージを持ち、一目で人の心を捉えます。その表現力は、退屈で平凡な日常の商品たちを、活き活きと輝かせたのです。ユーモアとフランスのエスプリあふれた彼の作品は、今もなお世界中の人々を魅了してやみません。

独学でデザインを学び、1935年からカッサンドルの設立した「アリアンス・グラフィック」でカッサンドルの指導のもとポスターを描き始める。1949年になってモンサヴォン社の牛乳入り石鹸の広告で成功を収める。サヴィニャックは「僕は41歳のときにモンサヴォンの牛のおっぱいから生まれたんだ」とよく語った。(笑)

 

 

 

1979年にノルマンディーの海岸リゾート地トルーヴィル・シュル・メールに移り住む。当地のトルーヴィル市立ヴィラ・モンテベロ美術館 Musée villa Montebello には数百枚のポスター、絵葉書、下絵、リトグラフが収蔵されており、現在では別館 Galerie du Musée (トルーヴィル市観光案内所併設)を中心に定期的に展示されている。海岸の遊歩道 Les Planches (2001年にプロムナード・サヴィニャックと命名された19世紀来の板張りの散歩道)にも作品が展示されており、サヴィニャックがトゥルヴィル市や地元のクライアントのために描いた作品を見ることができる。またトルーヴィル・シュル・メール市内ではサヴィニャックのポスターがあちこちで街角の壁画となっている。これら約12の場所を廻る「サヴィニャックの足跡めぐり」が散歩コースになっているとのことです。あ〜一度行ってみたいですね

最近こんなユーモアのあるポスター無いですよね

 

部屋にこのようなポスターを飾るだけで楽しく暮らせる気がしませんかww

皆さんも是非♪

 


コメント
コメントする








   
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最新記事

過去記事