新築基礎工事

木造住宅の基礎工事の施工状況って中々見られないものですよね

阪神淡路大震災以降建物の構造や基礎も凄く変わりました。

今では、株式会社日本住宅保証検査機構(住宅瑕疵担保責任保険)の配筋検査後

品質管理されたコンクリートを打設しています。

配筋検査が合格して初めてコンクリートを打設出来るんです。

いつも検査官から竹山さんの配筋は、ほんとに綺麗ですって褒められます。

嬉しい事ですね!

木造の基礎も鉄骨造の基礎も

これは新築の鉄骨造基礎配筋です。

コンクリート打設してしまうと見えなくなってしまうのが残念なくらい綺麗に組んでありますね!

ポンプ車で型枠内にコンクリートを打設します。

コンクリートが固まり型枠を外すと

図面通りの出来形か検測します。

建物の外観や内装のデザインも大事ですが建物の基礎や構造の品質管理も凄く大切な事なのです。

また色々UPして行きますね

 

 

 


コメント
コメントする