バウハウス展

先日のお休みに西宮市までバウハウス展を見に行って来ました。

みなさんバウハウスってご存知ですか?

バウハウスとは

バウハウス(Bauhaus)は、1919年にドイツ中部の街”ワイマール”に設立された造形大学です。バウハウスとは、ドイツ語で「建築の家」の意味。ここでは、美術、デザイン、工芸、建築といった、造形に関するさまざまな教育が行われました。1933年にナチスによって閉校されるまで、わずか14年という短い歴史でしたが、現在も世界のデザイン・建築界に影響を与えています。産業革命以降、機械による大量生産が進む社会の中で、工業化に対する革新的な芸術運動が盛んに行われました。その流れの中で、バウハウスはその実験的・挑戦的な試みにより、近代デザイン成立の上で大きな役割を果たしました

そのバウハウス1919年から開校100周年を迎えました。

100年前ですよ!

チケットも面白くないですか?ww

オシャレですね〜

バウハウスの説明も凄く解りやすく説明して頂きました。

当時の教育方法も凄く面白く固定観念にとらわれず感覚を凄く大事にされてた事を聴き

それはほんとどんなお仕事でも大切な事だと思いました。

撮影NGが多くてご照会出来ませんが12月1日まで展示会をされていますので是非行く価値もあるかと思います。

近くに谷崎潤一郎記念館もありますし、

フランクロイドライト設計のヨドコウ迎賓館に足を運ぶのも良いかもですね♪

芸術の秋ですから(笑)

 

 


コメント
コメントする